歯周病や虫歯などが原因で抜けた歯の代わりに、入れ歯やブリッジをして治療することがあると思います。
けれど入れ歯とブリッジの違いって具体的にどのようなものなのかいまいちぴんとこない方も多いでしょう。
治療期間や保険の適応が効くかどうかなど、実は知っておかなければならない重要な違いがあるのです。
快適に治療するためにも、また少しでも治療した歯を長持ちさせるためにも、違いを理解しておきましょう。

お年寄りがよく使っている入れ歯ですが、自分で好きな時に取り外し可能なので、食事をした後や就寝時には取り外して洗い、清潔に保つことが出来ます。
口内は食べ物で汚れていて細菌がいることが多いので、入れ歯には菌が繁殖しやすいのです。
市販の入れ歯洗浄剤や歯ブラシできちんと洗っておけば、いつでも清潔に使用することが出来、口臭などの口内トラブルが起こりにくくなります。

入れ歯は短時間で作れるため、かかる費用も安くすることが可能です。
しかし入れ歯を装着するためには周りの歯を削る必要があったり、慣れるまでは口に違和感があることが多いです。
噛む力も少し弱くなってしまいますが、広範囲で欠損した歯を一度にカバー出来ることもあり、お年寄りに人気があります。

入れ歯のように歯を取り外すことなく治療できるブリッジは、自然な噛み心地に出来、治療期間も短くて済みます。
治療方法は抜けてしまった歯の隣を削ることで柱を作り、義歯の支えとして利用し治療します。
二つの歯で支えているため土台が安定し、歯の寿命を長持ちさせることが出来るのです。
ただしブリッジは他の歯よりも力がかかっていて、二本の歯では支えきれない犬歯を治療することは難しいとされています。

ブリッジに使う義歯の素材は自分で選ぶことが出来ます。
金属アレルギーでも使えるオールセラミックやジルコニアなどが一般的でしょう。
傷もつきにくく強度があるため、長持ちします。

入れ歯とブリッジどちらにも保険が適応できます。
自分の残っている歯の具合で治療方法を決めるとよいでしょう。
残っている歯に負担をかけたくなかったり、広範囲の歯を一度に治療したいときには入れ歯がよいでしょう。
一本だけ治療したい、なるだけ歯を綺麗にみせたいときにはブリッジがお勧めです。
治療した歯の寿命はどちらもきちんと医師の診療を受け、歯磨きで毎日磨いたり入れ歯なら洗浄剤でお手入れをしておけばそれだけ歯を長持ちさせることが出来ます。
健康な体を保つためにも歯の治療をしておきましょう。