虫歯などの治療で用いられる詰め物は、人工物なので年月の経過によって徐々に劣化していくことは避けられません。
一度治療が完了しても、永久に使用することはできず、いずれ寿命を迎えることから適切な時期に歯医者でメンテナンスや交換を行う必要があります。

寿命を迎えた詰め物を放置した場合、様々な問題が生じます。
その中でも最も大きなトラブルは二次虫歯です。
虫歯が再発する二次虫歯は、詰め物の接着が弱まって隙間が生じることで、同じ場所が再び再び虫歯になってしまうことです。

歯医者で虫歯を治療する時、虫歯部分や周囲の歯を削って詰め物を入れるため、本来なら外部刺激から歯の内部を守る役割があるエナメル質が存在せず、象牙質が剥き出しになっています。
象牙層は歯の大部分を構成している主成分で、一番外側にあるエナメル質よりも柔らかい組織です。
そのため、虫歯の原因となる細菌が象牙質に達すると、エナメル層より速いスピードで侵食が起こります。

二次虫歯が起これば、当然ながら歯医者で再び治療を行う必要がありますし、詰め物の隙間を塞がない限り何度でも虫歯を繰り返します。
治療のたびに歯を削っていくと、歯の機能が失われ、最終的に抜歯などを行う可能性も少なくありません。
つまり、劣化した詰め物を放置する行為は、歯を失うことに繋がるわけです。

詰め物の材質によっても寿命は異なり、一般的な材質として健康保険が適用される銀やレジン、自費診療となるセラミックがあります。
銀やレジンが5年程度の寿命に比べ、セラミックは10年から15年と長持ちするのが特徴です。
ただし、それぞれの材質の寿命は、歯磨きや食事など生活習慣やケアの丁寧さによって短くも長くもなります。

詰め物の劣化は、目視で判断するのは難しく、自覚症状に乏しいので注意が必要です。
一般的には、劣化によって高さが変わり噛み合わせに変化が起こり、物を噛んだ時に痛みを感じる場合があります。
また、二次虫歯が起こって細菌が繁殖すると、嫌な臭いがするケースも見られます。
虫歯や痛みがないのに、噛み合わせが悪く感じる時は詰め物の劣化を疑いましょう。

寿命が短くなる原因は毎日のケア以外に、治療の精度が低いことがあげられます。
歯にぴったりと合わないと、隙間が生じやすくなります。
治療を行う歯医者によって精度は異なるため、長持ちさせるには精密な治療が可能となるマイクロスコープを導入している歯医者などを選びましょう。