歯磨き粉は様々な製品が販売されていますが、含まれている成分によっては健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。
発ガン性物質や味覚障害、アルツハイマーなどの病気を引き起こすリスクがあるため、歯磨き粉を購入する際には成分に注意して選ぶようにしましょう。

歯磨き粉に含まれる危険な成分は、ごく微量ですのですぐに健康に影響を及ぼすわけではありません。
しかし、毎日使用することで長年のうちに蓄積し、結果的に寿命を短くする要因となることも考えられます。
多くの歯磨き粉に一般的に使われている成分も、安全かどうかしっかり確認することで、リスクを軽減することが可能です。

発泡剤のラウリル硫酸ナトリウムは、歯を磨いた際に泡立てる役割がある成分です。
よく泡立つため、歯を磨いたという満足感を得ることができ、発泡剤が含まれていないと磨き応えのない水のような歯磨き粉となってしまうため、市販の多くの歯磨き粉に含まれています。
ラウリル硫酸ナトリウムは口の中の粘膜から吸収されることから、発がん性があるのではと疑われている成分です。
また、合成界面活性剤のため、舌の表面にある味蕾細胞にダメージを与え味覚障害を招く可能性があると指摘されています。

歯磨き粉が固まるのを防ぎ、分離しないように潤いある状態を保つプロピレングリコールも、発がん性があると言われている成分です。
防カビ効果があることから、食品添加物や化粧品など様々な場面で使われています。
プロピレングリコールは発がん性に加え、腎臓や肝臓の機能障害を起こすリスクを増加させる可能性があり、歯磨き粉でも注意が必要です。

人工甘味料のサッカリンナトリウムは、歯磨き粉の味を調えるために配合されていることがあります。
サッカリンナトリウムも発がん性の危険性があり、歯を磨く目的には必要ない成分です。
甘さを加えることから、子供用の歯磨き粉に含まれることが多く見られます。
水酸化アルミニウムは歯の汚れを削って落とす研磨剤の役割をしている成分です。

研磨剤の水酸化アルミニウムは、歯の表面を研磨し着色汚れなどを取り除く効果があります。
しかし、研磨剤は歯の表面がツルツルと舌触りがよくなり、黄ばみなどを防いでくれるものの、同時に歯を傷つけてしまう可能性があるので、歯科医院などで販売されている歯磨き粉にはほとんど含まれていません。
さらに、この水酸化アルミニウムはアルツハイマーを引き起こす原因となる可能性があるとされています。